⑪-2 「初めての北ア(白馬岳) 画像ギャラリー」

2000年に初めて登った北アルプス 白馬岳の画像がありました。当然ながらフィルム画像なので、スマホの簡易スキャナーでデジタル化しました。あまり画像が良くありませんが、雰囲気だけでも。懐かしくもあり、画像があることによって曖昧な記憶が修正されるのは、やはり画像のありがたみだと思います。

(白馬山頂を臨む 遠くに槍が見える)

猿倉登山口-白馬岳ー雪倉岳-朝日岳-蓮華温泉のルートは、高山植物が多く咲いています。高山植物の名前は全く知らないのですが、下界の花には無い、素朴な可憐さは、ふと立ち止まって見たくなる魅力がありました。

(可憐な高山植物 石の隙間に力強く息づく)
(3人で登山 内2人はフレームザック!)
(手前の草原と奥の山 雪渓のコントラストが感動でした)
(薄紫の小さな花がたくさん!)
(雪倉岳山頂での記念撮影)
(何と言う名前の花でしょうね?)
(個人的にはこの花の画像が一番のお気に入りです)
(薄紫のスズランのように咲いた花)
(上の画像と同じ花なのかな?)
(白馬大雪渓)
(この花が一番咲いていたような気がする)
(白馬山頂直下にある豪華な白馬山荘)
(確かにアルプルという名にふさわしい山景色でした)
(赤紫の花 少し形が変わっていますね)
(小さな白い花が咲き誇る)
(この紫の色が綺麗なんです)
(花々が生い茂ってる感じです 少し標高が低い所だったような)
(遠くに槍を臨む)
(二日目の朝だったか、雲海が見れました)

画像が残っていることで、記憶がよみがえるというのは、やはり思い出というのは大事なんだなあと感じました。