匹見峡(裏匹見峡) 島根県益田市匹見町

匹見峡は、益田市にある景勝地です。前匹見、表匹見、裏匹見、奥匹見の4つのエリアの渓谷があります。それぞれのエリアは少し離れた場所にあるため、1日で全てのエリアを見るのは難しく、それだけ見ごたえがありそうです。

今回は、この中の裏匹見峡に行ってみました。裏匹見峡は渓谷沿いに遊歩道が整備されており、3kmほどの遊歩道を歩きながら渓谷美が堪能できるとのことです。

「裏匹見までのアクセス」

もう、自家用車一択でしょうね… かなり山深い所に位置していますので。

裏匹見には、匹見峡レストパークがあり、駐車場があります。ここはキャンプ場が設置されており、私が出かけた日も、キャンプ客が結構いました。コロナ禍でも、キャンプ人気は衰えていない様です。

「渓谷への遊歩道」

手前にキャンプ場があり、キャンプ場の中を通って遊歩道に進みます。遊歩道の明確な案内表示が無いので、最初少し迷いました。キャンプ場を挟むように2本の渓谷があり、遊歩道は奥の広見川沿いとなります。このため、駐車場から橋を渡り、キャンプ場の中を進んで、奥側に遊歩道があります。

(キャンプ場の案内図を添付します。〇☆印が遊歩道の入り口です)

「歩行距離・時間」

島根県HPに掲載されている地図では、裏匹見の一番奥には「鈴が岳展望台」が位置しています。

遊歩道の途中にある距離表示では、「小天狗」と書かれてあります。この小天狗がどこの場所を指しているのか? ちょっと分かりません。

いずれにしろ時点では、「天狗の涼み岩」より先は通行止めとなっていますので、終点はこの場所となります。この天狗の涼み岩までの距離は、恐らく駐車場から3.0km前後だと思います。ネットの記事等では、歩行時間1時間ほど と書かれているのですが、実際にはもう少しかかります。結構UP-DOWNの道のため、平たん路のようには歩けません。

たた、上流に向かって全体的には上り道なので、帰りの方が時間は早くなります。往復の歩行時間は2時間程度だと思います。じっくりと観察しながら歩かれる方は、3時間以上と考えていた方が良いと思います。

「2021.9.11 裏匹見峡」

石造りの遊歩道が整備されている
ここで行き止まりとなっている…

「遊歩道 復路」

往復路ですが、行きと帰りでは見る方向や目線が変わるので、また違う景色を見ることが出来ます。

駐車場(キャンプ場)の近くまで戻ると、一部が周遊路になっています。帰りは反対岸に渡りました
キャンプ場を抜けて駐車場に戻る
案内看板があるが… 文字が消えかかっている…
匹見峡レストハウス駐車場

「編集後記」

遊歩道が整備されています。こんな山の中に、これだけの歩道を整備するのは、結構大変だったと思います。

でも、キャンプ場はそれなりの人出でしたが、遊歩道は私一人の貸し切りでした。それはそれでありがたいのですが、せっかくの遊歩道なので、もう少し多くの人に見てもらえればと思いました。

裏匹見峡は、往復2時間以上、アップダウンを歩くので、なかなかドライブついでの景勝地とは言い難く、山登り等の散策趣味の方向きです。

しかし、道や渓谷は変化があり、とても見ごたえがあります。元々の予備知識が殆ど無くて行ってみたのですが、ここは来て良かったなあと思える、すごく自然豊かな渓谷が堪能できます! お勧めの渓谷歩きです。

言葉で解説するよりもと思い、可能な限り写真を掲載してみました。なかなか渓谷美を写真で再現するもは難しいのですが。

石造りの遊歩道は苔むしていて、とても風情がありますが滑りやすいので注意深く歩いてください。また鉄の階段もありますが、これも滑ります。私は下り階段でスリップしました。ちょっと痛かったなあ…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です