皿倉山(622m 北九州市八幡東区)

皿倉山は北九州市周辺では最も知名度のある山です。山頂にはテレビ局の送信アンテナが多数設置され、麓から山頂手前まで、ケーブルカーも敷設されています。

一帯は国定公園にも指定されているようです。

何より山頂広場は広く、ほぼ北九州市の端から端までを俯瞰できる、正にパノラマの景色があります。夜景も有名で、最近では新日本三大夜景に選ばれたと大々的に宣伝しています。

私は小学生を卒業するまで、北九州市に住んでいましたので、当時4度ほど登った事があります。社会人になっても、夜景を見に行ったり、歩いて登ったりしました。今回、20年ぶりに登ってみました。

「登山口とアクセス」

ヤマケイの分県登山ガイド「福岡県の山」にも収載されています。今回はJRでアクセスしようと、Yahooの路線検索にて調べてみた所、JR八幡駅からは徒歩でのアクセスが示されました。えっ? 八幡駅から歩ける距離だったの? 今さらながらの発見です。

登山口はケーブルカー山麓駅の辺りにあります。

八幡駅を下り、南口から出ると、南側正面に皿倉山が見えます。私はスマホのGoogleMapナビを使ってケーブルカー山麓駅まで歩きました。事前に調べておけば、ナビが無くても八幡駅から登山口まではたどり着けると思います。

八幡駅から登山口(ケーブルカー山麓駅)までは、歩いて20分前後の距離です。

八幡駅から登山開始!
夜明け前の八幡駅前 正面に皿倉山
国際村交流センターの脇を歩きます(下山時に撮影)
北九州都市高速道路(橋の上から撮影)
登山口にはトイレもあります

「登山開始」

(八幡駅出発 6:25)

アクセスが八幡駅から徒歩なので、八幡駅から登山を開始しているようなものです。皿倉山の標高は、それほど高くはありませんが、八幡駅の海抜高度は恐らく20mも無いと思われ、標高差600mの歩きとなります。

ケーブルカー山麓駅の標高は120m前後のようなので、駅からここまでで、100m高度を上げることになります。

八幡駅には朝6時半頃に到着したので、周囲はまだ暗く、登山口辺りで夜が明けました。

八幡駅からは、とりあえず南に延びている道沿いを歩き、途中のロータリーを抜けて、「国際村交流センター」の脇を抜けると、「皿倉山ケーブルカー」の看板が出てきます。あとは看板に従って進むと、ケーブルカー山麓駅(登山口)にたどり着きます。

登山口には駐車場、トイレもあります。

皿倉山は8合目の皿倉平まで車道があり、車道を歩いても登れますが、登山道もあります。この登山口は「尾倉登山口」という名前で、ここからの登山道は、「煌彩の森コース」となっていました。

登山道は途中まで車道と交差するので、数回、車道に出ます。

登山道は途中の一部、急登な所がありますが、階段があり、迂回路もあります。

道は整備されており、難所はなく歩きやすい道です。

八幡駅から皿倉平(8合目)まで私の足で1時間20分。

8合目から山頂までは15分ほどでした。

(チビッコアスレチック場もあります)

(皿倉平到着 7:43)

皿倉山山頂

「山頂にて」

8合目の皿倉平の雰囲気は、20年前とほとんど変わっていませんでした。

山頂は、大きくは変わっていませんが綺麗に整備されていました。

昔はケーブルカー山上駅から山頂まで、リフトがあったのですが、今はモノレールのような乗り物になっていました。

山頂からの景色は、やはり圧巻! 圧倒的なパノラマです! この景色が見れる山は、そうそう無い様に思います。良い景色です! これを見るだけでこの山に登る理由があります。

この日の予想最高気温は15度となっていました。山頂までの道は風は無かったのですが、山頂は遮るものが無いためか、風が強くて、体感温度はかなり寒い状態… 長居できずに下山しました。

(若戸大橋)

「下山について」

せっかくだから下山はケーブルカーに乗る予定だったのですが、ケーブルカーは10時から運行で、時間は9時。歩いて下りてもケーブルカー運行開始まで待っても、それほど下山時間は変わらないのですが(ケーブルカー所要時間は7分)、寒くて1時間待つのは辛かったので、仕方なく歩いて下山することにしました。

(皿倉山ビジターセンターというのがあり、ここで時間をつぶそうかと思ったら… 営業開始が10時半で… もっと早く開けてよ~)

しかし、さすが皿倉山! 下山時にかなりの登山者とすれ違いました。

登山口まで下りてきて駐車場を見たら、結構な数の車が停まっています。やはり登山者数は多いですね。確かに駐車場もあって、トイレもあって、登山道登りやすくて、適度な運動負荷が得られ、山頂からの景色は絶品! おまけにレストハウスもあるし、運動したい休日の過ごし方としては、悪くない。

早咲きの桜が咲いていました!
駐車場には結構な車が停まっていました

「編集後記」

ガイド本に紹介してあるコースは、登山口からの往復登山ではなく、周辺にある山を周遊するルートとなっています。皿倉山に隣接するように、花尾山(351m)、帆柱山(488m)、権現山(617m)があり、これらの山を周遊して皿倉山に登れるルートがあります。往復登山よりはハードですが、これらの山を周遊する登山も楽しいと思います。いずれの山も、私の小学校の時に遠足で登った、思い出のある山です。

Follow me!